<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# キールメンテナンス
先月からキールをメンテナンスです。
塗装を剥がして、サビを落として、塗装をやり直し。また少しサビが出てくるのでサビ落としと塗装、これを繰り返しています。
そろそろ終わるかな。
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: オムー |
# GWクルージングday3
朝から南の風が強く、北向きの野伏港は問題ないと思っていたら、港内でも場所によって強い風がはいります。
そして我々の係留場所は風がよく入ります。だからここにプレジャーボートを係留させるんですね。
うねりも入ることがあるので、艇の様子を見る当番を組んで、観光と艇の監視をしました。
この日の夕方に江ノ島にもどろ予定でしたが悪天候のため、延期になりました。
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:42 | category: オムー |
# GWクルージングday2
4時ごろから明るくなり始め、式根島も近づいたので機走から帆走に。次第に明るくなってくる景色を眺めながらの帆走は最高に気持ちいい。


風が落ちてこの後も風は弱い予報なのでちょっと早いけど入港することに。
と、ここでトラブル。エンジンがかからない。全然スターターが回らない。
いちど同行艇に港の中を見に行ってもらって、係留場所を決めてから曳航してもらいました。
2艇で良かった〜。

係留後、エンジンをチェックするとバッテリーが放電しすぎていることが分かりました。バッテリーが古いのと航海灯を点けて帆走していたからでしょう。
とりあえず同行艇にバッテリーを一つ借りて応急処置しました。
2艇で良かった〜。
宿は1番近くて港が見える。恋人同士ではどうかという民宿っぽいところですが、ヨットで来た我々には十分です。
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:54 | category: オムー |
# GWクルージングday1-day2
川奈には16時に到着。同行した艇がアンカーロープをプロペラに絡ませるトラブルがありましたが、二艇槍付け。見える範囲でご飯を食べられそうなお店は二件なので、そこに向かって歩いたところ、1件は休業。昼は食堂、夜は居酒屋といった店で焼きそば、カレーなどを食べました。
これで準備体操おわり。さあ、式根島へ。
18時に川奈を出発、式根島まで36マイル。3人なので、1時間づつずらして2時間ワッチ、1時間休み、そして相変わらず風が弱いので機走3〜4ノット程度で到着時間を調整しながら走りました。

夜明け

朝日と島、ヨット
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:14 | category: オムー |
# GWクルージングday1
川奈経由で式根島までのクルージングです。10時に江ノ島出発、風が弱いので川奈まではほとんど機走となりました。


川奈手前の手石島
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:19 | category: オムー |
# 江の島への回航
ミニトン全日本を先週終えて、土曜日に夢の島からサニーサイドウラガまで、日曜日に江の島への回航を行った。
土曜日のメンバーは峰さん、小岡さん、坊さん。日曜日は峰さん、小岡さん、遠藤。

日曜早朝に遠藤がサニーサイドウラガへ行くとオムーがいない。
待つこと30分、オムーが戻ってきた。


天気が良いので海へ出ていた模様。
本当に海好きなお二人。

浦賀を9時に出航。


浦賀を出てイルカ島と三浦半島の間を通過。


三浦半島側には防波堤があり満潮時には海面下になるようなので注意。
どちらかというとイルカ島寄りを通るのが安全。


そろそろ城ヶ島。
まだ正午前なので、以前から気になっていた宮川フィッシャリーナをちょいと覗いてみる。
このテトラの間から入るらしい。


防波堤の左から入るらしい。下調べしていないので迷う。
矢印でも書いてあると安心なんですが`。。。


ヨットが見えてきた。ロックが近くて超緊張。


ざっと見たところミニトン全日本で一緒だったバーバリアンは見当たらず。


とりあえず宮川フィッシャリーナへの入り方はわかったので今日はここまで。

ネットにてその後調べた港の様子。案内図。



引用元:みうら・宮川フィッシャリーナ
ゲストバースは8.5mまでとのこと。

城ヶ島大橋


絶好のセイリング日和


三崎に係留していた翔鴎(かもめとぶ)


翔鴎(かもめとぶ)ヨット倶楽部が発足し、その講習中らしい。

城ヶ島通過してすぐに江の島の雪風とミート。


14時、江の島に帰ってきた。


2週間の東京湾係留で船底がキタネー

どうすんのこれ?

まぁ、とりあえずお疲れ様でした。
author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:34 | category: オムー |
# 第33回ミニトン全日本
2013年のミニトン全日本は浦安沖にて参加10艇で行われた。
我々は今年IRCレーティングを取得したオムーで初参加。



過去に相模湾スモールボートオープンレースへ参加したことはあったが、今回のミニトン全日本はレベルが全然上だった。

勢ぞろいした参加艇



参加艇リスト


初日第1レース スタート前 微風


スタート前に記念撮影





第1レース 遥か後方から眺める (泣)


初日はインショア3レース、バウ 防垣内、ミドル 遠藤、ヘルムス 森野。

初日の風(羽田)

引用元:気象庁HP 気象統計情報

舞浜ユーラシアで行われたウェルカムパーティ。なかなか豪華!ビールが染みる。


鹿児島から参加のCONDITION GREENチーム。
艇を運搬したトラック。 キール部分に穴が空いている。


CONDITION GREEN (高井1/8)


琵琶湖から参加の万天(YAMAHA23)


琵琶湖からは音丸(YAMAHA23EX)も参加している。

検討したバーバリアン(BW21)
ほとんど我々の前を走ってました(´・ω・`)


2日目は12マイルのショートディスタンスレース。
バウ 防垣内、ミドル 遠藤、ヘルムス 森野。
風がなく回航マークでのフィニッシュにコース短縮。
終了間際に風が吹き、5時間のレースでおよそ15分差以内で全艇フィニッシュ。
DNFにならずに良かった。

フィニッシュ直前


2日目の風(羽田)

引用元:気象庁HP 気象統計情報

15時過ぎに急激に風速が上がった


引用元:気象庁HP 気象統計情報

微風真上りの状況で西海面羽田沖を走ったSIESTAが良い走りを見せた。
荒川の流れに乗るとあらかじめ決めていたとのこと。
次回この海面でレース参加の際には思い出すこと!

2日目のレース結果


Sail Visionでの航跡があります。
オムーは途中で誤ってチェックアウトしてしまいました。

燃料不足のため、強風真上りのなかセイリングで帰港。
途中、メインハリヤードが切れたPEANUTSに曳航を求められるが、
エンジンをかけられないのでお断り。本当にスミマセンでした。

3日目はインショア3レース。
第4レース、バウ 防垣内、ミドル 遠藤、ヘルムス 森野。
第5、第6レース、バウ 防垣内、ミドル 森野、ヘルムス 遠藤。
前日メインハリヤードが切れたPEANUTSが朝から修理を行い、最後の2レースに参加。
恐れ入りました!
この日はかなりの強風、乗員3名ということもあり最初からスピンは使わないと決めていた。
最終2レースで上→下で観音開きにしたことが功を奏し、総合では最下位を免れた。
最終日は強風下3名で艇はかなりのヒール。
上りは1ポイントリーフにしたほうが良かったかもしれないが、
フリーでは不利になるのでフルメインのままで走った。

3日目の風(羽田)



総合成績


総合優勝したイーグル1世(YAMAHA23)
最終日、強風下のスピンランが見事でした。


優勝したイーグル1世から各艇にプレゼントされたお酒


ご馳走様です、めちゃ旨でした。
微風〜ど強風を味わえた3日間。今の我々のレベル低下も
痛感。

またまた台風接近のため、表彰式を失礼して夢の島に避難。


あまりの力量差にショックでか過ぎて悔しさを感じません。(笑)

以下にレース結果等紹介されています。
日本ミニトン協会
写真アルバム(大会運営)
イーグルヨットブログ
sail hayabusa

author: hideki
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:58 | category: オムー |
# 浦安への回航
来週、浦安沖で開催されるミニトン全日本に参加するためにオムーを回航。
台風が発生したので15日日曜日出港予定を変更し、14日土曜日11時30分に江の島を出港。


引用元:株式会社ウェザーマップ『気象人』

艇速4ノットとしての航程計算


本日は浦賀サニーサイドマリーナに停泊予定。
土曜日のメンバーは長谷川さん、森野さん、遠藤。

クラス旗であるセブン旗もなびかないほど風が弱い。
江の島出港

浦賀サニーサイドマリーナ入港
浦賀1

浦賀2

浦賀の町はお祭り。浦賀駅前で夕食。
森野さんが降り、防垣内さん合流。

翌日曜日6時30分、サニーサイドマリーナ出港。
浦賀出港

明け方土砂降りだった雨もあがり、風2m、波はなし。機走のみ5ノットで夢の島マリーナを目指す。


引用元:株式会社ウェザーマップ『気象人』

15日のニュース映像


突然の大雨。
大雨

浦安マリーナは台風の影響を大きく受けるので、12時に夢の島マリーナへ入港。
来週土曜日まで係留。
夢の島マリーナ

途中、一時的な大雨もありましたが、風、波とも弱く順調な航海でした。

翌16日月曜日は台風通過で大荒れ。


台風一過後のオムー。
台風通過後
Siesta 小谷氏撮影

author: hideki
| comments(1) | trackbacks(0) | 22:53 | category: オムー |
Comments
Mobile
qrcode
Members Wanted
新会員募集中です
一般会員月会費5000円
初心者、経験者どちらも大歓迎です
連絡先: mail@kuroshio-yacht.net
Counter
[PR]アクセスカウンター



Search this site
Sponsored Links